税のお悩み、保険のお悩み解消情報

年金、税金、確定申告、医療保険、生命保険知って得する書籍のご紹介!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人税◆法人税と経理処理のしくみがわかる本

法人税◆法人税と経理処理のしくみがわかる本

※法人税の場合、基本的に計算や申告書の書き方が難しいので税理士さんに
頼むのが一般的ですが、節税の為に税率や調整額を別表で確認しよう。

●法人税と経理処理の違いが根っこからわかる
経理の日常処理とのかかわりの中で、法人税の要点を学習できる実戦的な解説書
です。
日次・月次・年次それぞれの段階で必要な経理処理と法人税処理との違いが、
順次わかる説明になっています。読み進めていくうちに必要な知識が自然と身に
つきます。
●2~6年目の担当者がちょっと背伸びして読むのにピッタリの一冊!
経理処理の流れが一通り頭に入った配属数年の担当者が、次の段階にステップ
アップできる実務書です。
法人税の規定や処理・節税のポイントをはじめ、損金算入や引当金の処理方法
も具体的によくわかります。
これ一冊をマスターすれば、決算書の作成も申告書の作成もできるようになりま
す。
「難しい」といわれがちな法人税ですが、図版を多用しながら、わかりやすい文
章で解説しています(2色刷り)。
法人税の知識をきちんと身につけたいと思っている経理担当者におすすめの一冊
です!



法人税と経理処理のしくみがわかる本
高下 淳子

おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2007-03-21 本当に分かりやすい
私は仕事でシステムの設計などをしています。会計システムから法人税の申告書を出すための設計を考えている時に、何かいい本は無いかと物色したところ、この本に出会いました。自分の知識は数年前に取った簿記二級程度。しかしこの本の分かりやすさときたら半端なかったです。

最後のほうには、損益計算書と法人税の申告書類の相関が図示されています。この図は非常に重宝します。私はこの図をノートに写して常に持ち歩いています。

会社の決算とは何か、という視点で書かれていますので、ビジネスマン全員に役に立つでしょう。

>>もっと詳しく見る


◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック
スポンサーサイト

相続税◆相続・贈与の初心者にもわかりやすい入門書

相続税◆相続・贈与の初心者にもわかりやすい入門書


はじめての相続・贈与ABC―初心者にもわかりやすい入門書 相続のプロフェッショナル精鋭10人がやさしく手ほどき

※相続は生涯に何度もあることではありませんが、何も知らないまま、相続と向き合うのは大きなリスクがともないます。相続のプロフェッショナルが基礎知識をわかりやすく詳述し、予備知識・情報など最低限知っておくべき事柄に絞って解説した入門書です

◆亡くなって初めて分かる遺産相続、あなたが相続人だった場合、
土地の登記などの相続時には精算手続きをしなくてはいけないが
課税の制度や相続法、相続税など分からない事が沢山出てきます
ので相続の関係説明図を用意したり財産管理人に頼むのもひとつの
手ですが、その前に少し理解しましょう。


はじめての相続・贈与ABC―初心者にもわかりやすい入門書 相続のプロフェッショナル精鋭10人がやさしく手ほどき
日本相続新聞社

おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2007-01-14 はじめてなのに 最後まで読めた
 私は、この分野の本はまったく初めてであり予備知識なく読み始めたが、無理なく理解でき、最後まで読めた。



 内容も、相続の流れ・手続など(第1~3章)、相続税の仕組み・計算方法(第4章・第6章)、贈与税(第5章)、相続争いの解決法と遺言書(第7~8章)、節税対策(第9~10章)というように、バランスよく配されている。相続税の仕組みや節税対策に偏ることなく、相続を円滑に進めるために必要な知識が解説されている。



 全くの初心者である私にとっては、基礎的な知識を広く浅く得ることができ、とてもよかった。その反面、ある程度の知識のある人にとっては、物足りないかも知れない。

★★★★★ 2005-09-25 相続が気になる人にはこの本を薦めます。
数年前から相続に関するの本を数十冊読んでますが、この本が一番分かりやすかったです。読者に専門知識をつけさせるのではなく、相続の全体像を理解させてくれるような本でした。

★★★★★ 2005-09-21 相続の初心者には最適です
相続税がかかるかどうかは別として相続に関する一連の流れを確認するために1度は読んでおく本だと感じました。平易な文章なので初心者にもわかりやすく親切ですし、著者自身を宣伝するために書かれた本が多い中、新聞社という中立的な立場で書かれているので非常に好感が持てました。もうちょっとつっこんだ第2弾を読んでみたいです。

>>もっと詳しく見る


◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック

生命保険に関する本◆掛けていい保険いけない保険

生命保険◆掛けていい保険いけない保険

※生命保険会社を比較して見直したいと思っても中々相談する人が
いなかったりした場合、プルデンシャルやアフラックに聞くのも
なんだし、いい保険を保険を探すバイブルにしたらどう!

●保険の基礎知識から各保険のメリット&デメリット、年代別の保険ベストメニューまで、徹底解説。激変する保険商品&業界に完全対応。あなたの知らない保険の実態が見えてくる一冊。

新版 掛けていい保険いけない保険
相川 司

おすすめ度 ★★★★☆


★★★★☆ 2006-05-24 痒いところに手が届く出色の「保険案内本」登場!
日本人の殆どが入っているのに、その実態がよくわからない「保険業界」について、痒いところに手が届く説明をしてくれる“名著”である。

保険会社に長く身を置いた著者ならではの裏話も満載。

生保、損保を同時に論じた本、というのもありそうでなかった。その意味でも貴重な一冊である。

保険金不払い問題、郵政民営化など新しい話題についても懇切に説明してくれている。特に、最近話題の「無認可共済」についてまで踏み込んで論じており、まさにアクチュアルな「保険本」だ、と思う。

>>もっと詳しく見る


◆その他の最新情報◆




保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」




相続税◆相続の裏側

相続税◆相続の裏側


※亡くなって初めて分かる遺産相続、あなたが相続人だった場合、
土地の登記などの相続時には精算手続きをしなくてはいけないが
課税の制度や相続法、相続税など分からない事が沢山出てきます
ので相続の関係説明図を用意したり財産管理人に頼むのもひとつの
手ですが、その前に少し理解しましょう

◆著者は相続問題を専門に取り扱う会計士事務所の代表者。残された者たちによる遺産相続をめぐる醜い争いを数多く見てきた人物でもある。経営者が自らの財産について「個人で残すか? 会社で残すか?」さえも明示していない状態で死んだら、事態は最悪だという。同時に、「自分が残せる財産は少額ではっきりしている。遺言書も用意した」と高をくくっている人でも、相続人が迷惑を被るケースが多々見られる、と指摘。今からできる準備として「遺産分割協議書」作成法や、「生前贈与で発生する贈与税」と「相続税」の違いなどを分かりやすく解説する。

相続の裏側
松田 茂樹

おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2007-03-13 今日び憂鬱
私も自分の遺産を考える歳になってきた。

こんなことを考えるのはとても辛い。

自分の死に方について考え始めると、さみしくもあり、楽しかった日々のことが

思い出されてくる。

相続とは自分を残すことだが、それで家族がケンカするのを見るのはとても辛い。

家族とは、血の繋がりを持った唯一のものではなかったのか!





ともかく本書は私に「無責任な死に方はするな」と教えてくれた。素晴らしき良書だ。

★★★★★ 2007-02-26 財産のあるなしは関係ない。我々は相続から逃げられないのだ
 著者は相続が専門の会計士。



 財産のあるなしに拘わらず、相続は常に我々に「存在」している問題である。



 法的な教科書ではない。実に判りやすく、「相続」を説明し、

 困難な状況を作らないためのアドバイス本である。

 大変読みやすい。



 著者は相続で苦しむ人達が増えるのを危惧しているのだ。



 実に私的な感想を言えば……こんな本が「以前」にあったなら、と思う。



 「ウチには関係ないや」と思う人ほど一読なさるとよろしいのではないか。



 そしてトラブルを未然に防ぐ術を身に着けておく事が肝要かと。



 相続でトラブルと本当に地獄だから……である。

>>もっと詳しく見る


◆その他の最新情報◆


<保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。