税のお悩み、保険のお悩み解消情報

年金、税金、確定申告、医療保険、生命保険知って得する書籍のご紹介!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療保険◆こんな時、あなたの保険はおりるのか?

医療保険◆こんな時、あなたの保険はおりるのか?

※医療保険と一言で言っても終身医療保険であったり女性の
医療保険だったりと保険の比較やランキングを見てもその仕組み
や制度が分からないと保険料の値下げまではたどり着けないので
本をよく読んで勉強しましょ。

●あなたも「不払い」「支払い漏れ」にあっている!? カラダ、マイホーム、クルマなど分野別に、具体的な事例をあげながら様々な保険商品のアウトライン、それぞれに加入するときや見直しをするときの注意点などを解説する。

こんな時、あなたの保険はおりるのか?
清水 香

おすすめ度 ★★★★★


★★★★☆ 2007-01-08 何も考えないと損をする
 保険の仕組みは難しくてよく分からない。事故や病気が発生する確率に基づいて、保険会社が損をしないように保険料を設定している、ということくらいは分かるけれど、自分にはどの保険が必要で、どれはいらないのかを分析することは結構難しい。そのための第一歩として本書を読んでみた。

 本書の良い点を一つ挙げるならば、保険を売るために書かれた本ではない、というところだろう。一般的な保険商品のメリット/デメリットを挙げ、公的保険との重複などにも言及しつつ、判断するための資料を提供してくれている。カラダ編、クルマ編など、用途ごとに分類して書かれているのも分かりやすくするための工夫だろう。

 ただ、強調しすぎて分かりにくくなっている面もある。同じケースについて、章がかわるごとに再掲されているが、これは一度言われれば分かることで、その紙幅は別のケースの紹介に割いてほしかった。また、保険商品の特徴が文章中に太字で示してあるが、類似の商品と比較検討する際には、もう一度文章を見返さなければならず、分かりづらい。ぜひ、類似商品の一覧表を作り、その差異を分かりやすくして頂きたかったと思う。

 しかし、総合的に見れば、公平な立場から見た保険商品の解説がなされており、保険の闇の一端をのぞける作品であると思う。ぜひ次は、実際の民間商品と公的保険の重複/差異検討ができるものをお願いしたい。

★★★★★ 2007-01-05 保険会社の不払い対策にこの一冊
なぜ、保険会社の保険金不払い、支払い漏れ、保険料の取りすぎがこうも立て続けに起こるのか。

それに対して、庶民は一体どうすればいいのか。

結局、知識が必要なのでしょう。何がどう問題で、どうすればいいのか。とても分かりやすいガイド本です。

自動車保険、医療保険の特約で問題が噴出していますが、次は火災保険でしょうか。

本書を読んでそう思いました。

★★★★☆ 2006-12-14 無難にまとまっている。
保険のパンフレットを理解するためには役に立つだろう。概ね正確な記述である。

「契約内容はシンプルに」という主張には賛同する。

惜しむらくは、構成に難があり、重複した記述が多かった。

「契約概要」と「注意喚起情報」のチェックポイントに関する記述があれば、よりよいものになっただろう。

>>もっと詳しく見る


◆その他の最新情報◆



保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」




スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。