税のお悩み、保険のお悩み解消情報

年金、税金、確定申告、医療保険、生命保険知って得する書籍のご紹介!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年金◆企業年金の法と政策

年金◆企業年金の法と政策

厚生年金、国民年金、個人年金、障害年金、遺族年金、企業年金
年金にも様々な種類がありますが、全ての制度を理解してするのは困難ですので
まずは少し勉強してみましょう。

●日本版401kから退職金まで。総合規制改革会議専門委員でもある新進気鋭の法学者が、アメリカの状況もふまえつつ、複雑な企業年金の世界を法律の体系にそって解き明かす。企業年金実務担当者必携の一冊。

企業年金の法と政策
森戸 英幸

おすすめ度 ★★★★★


★★★★★ 2003-06-17 視野の広い企業年金の概説書
本書は、企業年金として通常良く取り上げられる適格年金・厚生年金基金・確定給付企業年金・企業型確定拠出年金の他に、年金財形・中退共・特退共・内部留保型(退職金)をも包含して、横断的に説明した概説書である。コンパクトな本ではあるが、企業年金の規制法令のみならず、税法、労働法についても取り上げられ、判例もあげられている。さらに米国の年金法制との比較も詳しい。企業年金に関する知識を整理できたばかりか、今後の日本の企業年金の受給権保護のあり方についても考えさせられ、大変有益だった。

★★★★★ 2003-03-18 こんな「ちょうどよい」本が欲しかった
企業年金を法律面から解説したものとしては、現在もっとも完成度の高い本であると言っても過言ではない。あらゆる退職給付制度が様々な角度から比較検証されており、しかも必ず根拠条文が記載されているのは嬉しい限り。「法と政策」という題名に偽りなし。それでいて質量ともコンパクトにまとめられており、通勤時などに気軽に手に取れるのもこの手の書籍としては異色。
企業年金が(その良し悪しはさておき)世間の注目を集めるようになってからの関連書籍の充実ぶりには目を見張るものがあるが、本書はそうした潮流に乗って出るべくして出た本であると言えよう。

★★★★★ 2003-03-17 企業年金を見直す前に、一度お読み下さい
 代行返上もあり、2003年以降、企業年金の見直しをご担当の方も多いと思いますが、企業の人事・財務部門の方の中で、企業年金改革に取り組んでいらっしゃる方、是非本書をお読み下さい。

 厚生年金基金の代行返上、キャッシュバランスプラン、確定拠出年金など考えなければならないことも多く、また、その内容は専門性が高いため、金融関係のコンサルを起用したり、専門書をお読みになっていることと思います。本書に書かれていることは、「誰も教えてくれない」「どの本にも書いていない」ことです。「企業年金」と言っても、厚生年金基金、税制適格年金、中退共から、新しくできた確定給付企業年金、確定拠出年金等など多くありますが、これらを正に、「縦横無尽」に切った説明がなされています。個々の年金制度の詳細を解説した本は山ほどありますが、年金制度相互の「つながり」に関して解説されてあるものは他にないと思います。実はこの点が最も理解し難い点だったのではないでしょうか。また、米エリサ法の内容と日本の法の違いについても解り易く解説されています。日本にはエリサ法のような法律がないので、エリサ法に該当する項目の日本の法を整理して比較しているところがスゴイ。他に、(年金の専門家が不得手と思われる)不利益変更に関しては、判例まで列挙して注意点が挙げられています。(労務関係のお仕事に従事している方なら何方でもご存知の有名な判例ですが)尚、個々の企業年金制度に関する解説は、本書では詳しく行われているわけではないので、従って、これ一冊で企業年金が一通り理解できるという類の本ではないことを書き添えておきます。

>>もっと詳しく見る




◆その他の最新情報◆


保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」



スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。