税のお悩み、保険のお悩み解消情報

年金、税金、確定申告、医療保険、生命保険知って得する書籍のご紹介!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人税・消費税の実務処理マニュアル

税金◆法人税・消費税の実務処理マニュアル
基本的な税務処理のしかたと重要項目のポイント解説


法人税の場合、基本的に計算や申告書の書き方が難しいので税理士さんに
頼むのが一般的ですが、節税の為に税率や調整額を別表で確認しよう。

●経理担当者にとって、法人税と消費税の取扱いを正確に理解し、間違いのない処理をすることは容易なことではありません。たとえば、法人税で損金になる費用でも、消費税では仕入税額控除ができないケースがあります。そこで本書では、さまざまな取引に関して、勘定科目別に法人税・消費税の取扱いとともに、仕訳例や経理処理をわかりやすく解説しました。日常の経理処理や税務取扱いについてわからない項目が出てきたり、処理のしかたに迷ったとき、手軽に引けてスグにわかる、便利な実務マニュアルです。

最新勘定科目別 法人税・消費税の実務処理マニュアル―基本的な税務処理のしかたと重要項目のポイント解説
小池 正明
価格:¥ 2,310 (Book)
(参考価格:¥ 2,310)
おすすめ度 ★★★★☆


★★★★☆ 2007-02-11 役立ってます。
経理の仕事をしてますが、とても参考になる本です。勘定科目ごとに、消費税・法人税両方の解説があり、毎日の実務処理に役立ってます。どの科目に当てはまるのか迷った時や、課税か非課税か分からない時頼りになるので、仕訳などの実務処理に携わっている方にオススメです!

★★★★☆ 2005-03-26 経理の本って頭が痛くなる
経理や会計の本って、難しい言葉が羅列しているでしょ?
分からなーい!!とよく叫んでいる私。
でも、この本は、平凡なる私の頭で分かるような言葉で
書いてあるんです。
福利厚生費かな?と思ったとき、
そのページを開いてみて下さい。
課税・非課税の取り扱いを含めプラスアルファーの知識まで
盛り込んであります。
会社で仕分を仕事としている方、必読です。
どの勘定科目になるのか、全く検討のつけられない方は
活用するのに時間がかかりそうです。

>>もっと詳しく見る



◆その他の最新情報◆



保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生保の保険料を一覧で試算!【保険アドバイザー】


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」






スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。