税のお悩み、保険のお悩み解消情報

年金、税金、確定申告、医療保険、生命保険知って得する書籍のご紹介!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険◆生命保険はこうして選びなさい

生命保険はこうして選びなさい

必要な保険・いらない保険


◆その他の最新情報◆


内容
保険会社のために保険料を払うのは、もうやめなさい! あなたは保険に入りすぎている。新規加入と見直しのケース30で、あなたにぴったりの保険が見つかる! 巻末に必要な死亡保障・医療保障がわかる書き込みシート付き。


生命保険はこうして選びなさい―必要な保険・いらない保険
ダイヤモンド社

おすすめ度 ★★★★★


★★★☆☆ 2007-02-25 内容が細かすぎる・・
・保険の仕組み

・死亡保障

・医療保障

・保険のチェック方法

・ケーススタディ

と、構成も内容も悪くないですが、細かすぎてベースとなる知識のない人にとって

取っ付き辛さの感は否めないと思います。字も小さくてごちゃごちゃしています。

それなりに読み込まなければならないので、概要だけをさっと把握したい人には向いていないと思います。

また一部、特定の商品を勧めている箇所があるのはどうかと思いました。

医療保障だけに限るならば「医療保険は入ってはいけない!」の方が分かりやすくて

より中立的な内容になっていると感じます。

★★★★☆ 2006-03-25 満足☆
この手の本は他に読んだことが無いので比較は出来ないのですが、私的には、分かりやすくてしっかりと生命、医療保険について必要な知識を得られたのではないかと満足しています。構成、文章とも分かりやすく、満足です☆

★★★★★ 2005-09-10 この本ともっと早く出会いたかった
昨年15年間かけた保険が満期になり手持ちの資金を足して念願の新車を購入。ところが満期金の受取人が契約者の夫ではなく妻になっていたため実際にはただの1円ももらっていなくても贈与税の対象となっていてショックを受けました。しかも贈与された意識がなく自己申告するべきものだとも知らずにいて、税務署から申告書に記入の仕方を説明しますののでいついつおいで下さい、の一見親切な通知にあわてて事情を聞きに行ったら、未納に対する延滞金と申告漏れという事でペネルティーの賦課課税まで徴収され、住宅ローンを抱え専業主婦でただでさえやりくりが苦しいのに受け取り金203万に対して10万7千円の急な出費は悔しくて仕方がありません。それで二度とこのようなことがないように、また現在加入中の保険の見直しのために本書を購入しました。私が知らずに失敗した事も載っていましたし、同い年の友人が亡くなって不安になって加入した保険もどうやら不要である事もわかりました。保険の営業マンの話ばかり鵜呑みにしないで長年払い続ける私たちが知識を身につけるのは大切だと思いました。

★★★★★ 2005-07-02 公的補償
公的死亡補償・公的医療保険の内容を知るためにもこの本を買って良かったと思います。それで不足する分を民間保険で追加する事になるでしょう。

★★★★★ 2005-03-25 日本のみんなに読んでほしい!!!
生命保険への加入を考え、ここ数ヶ月リサーチを続けていたのですが、この本は、わたしが持っていた様々な疑問のほぼすべてに答えを提供してくれました。

事実、わたしが数ヶ月のリサーチで持った一番大きな疑問は、独身者が入るべきとされている医療保険が本当に必要かどうかという点でした。十数社の保険会社から資料を取り寄せ、一生で払い込む保険料と保障内容、実際に保障される額、そしてわたしたちが抱えるリスク(入院のみならず通院)とを天秤にかけたとき、貯蓄で備える方が賢明なのではないか・・・という疑問が浮上してくるのです。だからといって、医療保険は必要ない、というのは極論に過ぎるような気もするし・・・。そんな疑問も、この本を読んでしっかり解決できました。

また、わたしたちが受けることのできる公的保障や、自己負担の上限や、各種公的サービスなどについても、非常にわかりやすく具体的に解説してあります。こういったことを念頭に置いた上で自分に必要な保障を考えなければならないはずなのですが、保険会社の資料で、こういった情報をちゃんと提供してくれているものは、ほとんどないと言ってもよいのではないでしょうか。

リスクに備える手段は保険だけではありません。
みんなが入っているからといって、その保険がわたしたちにとってメリットの高い商品とは限りません。
ちゃんと自分で納得がいくまで考えて、正しい選択をしたいという方、是非一度この本を読んでみてください。
保険って入って当たり前のものじゃないんです!自分のお金はもっと大事に、ちゃんと考えて使わなければならないんだということに、この本を読んだ誰もが気づくはずです。

>>もっと詳しく見る

[オススメリンク] 生命保険・雇用保険・年金は社会保険庁に聞く前に勉強だ

保険の無料相談・資料請求はこちら


中立・公平な立場であなたに合った保険をご提案。無料保険相談実施中!ほけんの窓口


専門的なアドバイスにより見直しポイントが明らかにザ・保険ナビ


「生命保険を見直したい、相談したい」と思ったらいいな保険ドットコム


生命保険・医療保険を無料で設計「保険の案内人」


見積依頼しても、営業電話は一切行いません。自動車保険を自分でゆっくり選ぶなら、こちら


保険の見直し方法なら保険クリニック


ネットでお見積&ご契約。そんぽ24自動車保険はこちら



スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。