税のお悩み、保険のお悩み解消情報

年金、税金、確定申告、医療保険、生命保険知って得する書籍のご紹介!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

確定申告■日本一わかりやすいフリーのための確定申告ガイド―「白色」「青色」両対応!!

確定申告■日本一わかりやすいフリーのための確定申告ガイド
「白色」「青色」両対応!!



※サラリーマンの場合、確定申告なんてした事が無い人が
ほとんどですが、個人事業主なんかは確定申告の時期になると
国税局や税務署に相談したり大変らしいです。
そこで確定申告時には医療費控除の用紙を作成したり所得税の把握を
期限までにしないといけないとか、知らないことばかり・・・
調べて損の無いように!!

●還付金はフリーランサーのボーナスだ! 自由業者が苦手とする「数字の計算」や「税金のしくみ」をわかりやすく説明し、より多い還付金を手に入れるためのノウハウを詰め込んだ手引き書。「白色」「青色」両方に対応。

日本一わかりやすいフリーのための確定申告ガイド―「白色」「青色」両対応!!
はにわ きみこ

おすすめ度 ★★★★★


★★★☆☆ 2006-09-26 情報が古くなっています
2006年9月にこの本(2005~2006年度版)を購入しましたが、

非常にわかり易く書かれており、サラサラと読み理解できた事には感謝していますが、

会社法など、古い情報のままでした。あと、できればもう少しだけ掘り下げた内容が乗っていてもいいかと思いました。ここまでは理解できた、でも、これはどう手続きしたら良いのだ?という、考えてみると出てくる小さな疑問までは対応されていません。贅沢を言い過ぎなのかもしれませんが、、、。ゴメンナサイ。

★★★★☆ 2006-05-02 申告劣等生でも読むとほっとする本
とにかく経理だ青色だという本はわかりやすく書いていてもだんだん読者についていけなくなるような「やっぱ俺には出来んわ~」的なものが多くて今でもかなり我流な部分のあるわたしですが、この本はT字勘定はソフトに一切任せといて忘れちゃいけない部分=節税にウェイトをばっちり置いている。それに著者の経験談は「こんなでいいんか!」というほっとさせる感があるので肩の荷が下りる一冊ですね。経理嫌いはこれでほとんど解消すると思います。もちろん細かな会計知識はさらに学んでいったほうがいいと思います。



あとこの本は仕入れの必要のない業種の方が読まれるのがベストかと思います。毎日細かな売り上げや仕入れのある販売業の方はよりその方面を他のガイドで補強することをお勧めします。

★★★★☆ 2006-04-20 めげそうな確定申告ビギナーに勇気を与える本
レイマン/ウーマン(日本語では専門家でない一般人)が書いた、確定申告・青色/白色申告指南書。 ご自分の経験を踏まえているだけあって、ご指摘一々ごもっとも。 出来そうな感じ、やってみようかという気持ちにさせる本です。 これで第一歩を踏み出せそうです。 少なくとも来年からは。 なぜかを考えてみると、具体的な説明が背伸びせず自然に書いてあること。 親しみが涌きます。 また、専門書では難解に書いてある仕分けの部分を「そう割り切って覚えてしまいましょう」という蛮勇! リファレンスとしては当然ながら不十分ですが、実用性からは文句なしにOKです。 SOHOの方にお奨めの本です。

★★★★★ 2006-01-14 専門書にない親しみやすさ
これまで白色申告で住ませていたが、一念発起で青色に挑戦。ところが結構分かりやすく書いてありそうな入門書も、会計士などの専門家が執筆しており、玄人では別段気にしない部分いも、素人には?が多いものだ。

本書はそういった「素人の視点」が読む者にも共感でき、複式簿記という恐ろしげな言葉が軽快に分解、解説されている。

帳簿付けがイヤで、申告間近になって泣いていたが、本書によって楽しくなり、何よりも事業の状態を把握する大切さを改めて知ることができた。

とにかく一番最初に本書に出会った人は幸福といっていいだろう。

★★★★★ 2006-01-11 儲けも知識も少ないビギナーにやさしい内容
この本が気さくになんでも頼れる感じがするのは、最初から難しいことばっかりならべないでフリーランスに最低限必要な事柄にしぼっているからだと思います。その、基本中の基本について、イラストつきでやさしく解説されているので、ついていけます。挫折せずに最後まで読めました。



果たしてフリーで仕事を始めた自分は「個人事業主」なのか?

法律&経理オンチのビギナーだと、こんなことも疑問に感じてしまうのですが、そんなレベルでもわかるように書かれていました。



記入例が多いので、はじめてでも、何のことを指してるのかがわかりやすいのです。私自身は年始から会計ソフトを使いはじめましたが、この本にはカード支払い時の取り扱いついて具体的な解説があったので、しょっぱなから大変参考になっています。



あと、すごく親切だなあと思ったのは、単に「帳簿付け→税務申告」の説明にとどまらず、雇用保険や国民年金などの、サラリーマンをやめてフリーになった人が知りたい(でもなぜか他人にききづらい)ことについても、わかりやすく説明 されていることです。

フリーランス1年生や、自分は確定申告した方が得なのかがわからない人、フリーで働こうかな? と考えている人に一読をおすすめします。



専門資格を生かしてフリーで働く友人から「夫の扶養から外れないように、仕事をセーブしている」という話を聞くことがありますが、そのような悩みがある人にもお勧めです。「フリーとして仕事をしても、夫の扶養下でいられる」方法も解説されていたので、きっと役に立つことでしょう。





>>もっと詳しく見る
[オススメリンク] 激録!芸能ニュースの裏側




◆その他の情報◆



■図解給与所得者の確定申告

■あなたの確定申告

■確定申告の実務ポイント

スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。