税のお悩み、保険のお悩み解消情報

年金、税金、確定申告、医療保険、生命保険知って得する書籍のご紹介!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公的年金制度の基本

公的年金制度の基本


基本的なしくみ


1.  公的年金は、将来の経済社会がどのように変わろうとも、必ずやってくる長い老後の収入確保を約束できるもの。
 
2.  次のような3つのリスクは、公的年金でしか対応できない。
  (1) 45年先の賃金や物価の水準予測できない。
 : 貯蓄や民間の保険だけで、皆が確実に備えることはできない

  (2) 何歳まで生きるかは予測できない。
 : 公的年金は、終身年金です。
  (3)障害を負ったり、小さな子どもがいるときに夫が亡くなったときは?
 : 公的年金は、障害年金や遺族年金もある
 
3.  以上のことが可能なのは、公的年金が、世代間扶養の考え方を基本においた社会保険方式を採用しているからです。


以上がこの制度の仕組みだが、公正且つ適正に運営してこその公的な
年金である為、現状ではこのすばらしい仕組みこそが国民には受け入れ
られないような状態である。
スポンサーサイト

COMMENT



コメントの投稿

HOME
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。